本文へ移動

美光園 徒然草

美光園 徒然草 (職員ブログ) *画像は個人保護のため一部ボカしてあります。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

基地消防来園

2020-01-19
1月19日に基地消防方が同僚や仲間を連れてクリスマスプレゼント持って来る。本来は12月に来る予定であったが都合の為1月19日の来園となる。子供たちも少し遅めのクリスマスプレゼントではあったが自分の希望通りの物をもらい喜んでいる子がたくさんいた。貰った玩具を開けてありがとうという子、遊びながら笑顔も見られ、短い時間ではあったが有意義な時間を過ごしていた。   (田)

GO! GO! WAT'S!!!!!

2020-01-19
社会福祉法人青森県共同募金会さんよりバスケットボールチーム青森ワッツの試合観戦チケットをいただき、試合観戦へ行きました。子どもたちのために観戦チケットをありがとうございます。
今回の観戦させてもらった席も中央席でとても見やすく、子ども達とても喜んでいました。
 
バスケットボールの試合を初めて観戦する子どもは、オープニングから大興奮上に曲がる右矢印(赤)色とりどりのきらきら
しかし、相手は同じイーストリーグの現在1位の強豪仙台チーム水滴前日も負けているとのこと水滴水滴どうなるか不安でしたが、
突き放されそうになりながらも何度も食らいついて最終クウォーターでは点差が僅差OK
そして、ラスト11秒というというところで79対79動揺した顔そしてワッツボールというドラマのような展開3つのびっくりマーク(吹き出し)
緊張の中、ラスト2秒のところでワッツが見事に得点を決めて勝利しました王冠お祝いマークこれには子どもたちも大興奮。声を出して喜んでいました。
また、初めは応援の時に手をあげたり、「GO!GO!WAT'S!」の掛け声を恥ずかしがっていた子も、徐々に熱中して大いに楽しんでいましたきらきらいいね(手のひらが手前)試合だけではなく、応援まで含めたエンターテインメントを楽しませていただき、本当に感謝しています。どの子も終わるころにはワッツファンになっていて、選手と握手したくてそわそわしていましたウィンクしたニンマリ顔今度は自分達で機会を見つけて、観戦し応援しに行きたいと思います。
 
今回の観戦に伴い、子ども達のためにチケットの手配や会場での配慮をしていただきました、社会福祉法人青森県共同募金会のみなさま、エキサイティングなプレーやアグレッシブなプレーを見せていただいた青森ワッツのみなさま本当にありがとうございます。(髙)

楽しい科学教室をしました~!!

2020-01-19
幼児・小学生対象で原燃科学教室が行われました赤いびっくりマーク
 
子どもたちは「何の実験やるの赤いはてなマーク」「早くやりたい上に曲がる右矢印(赤)」と大はしゃぎ色とりどりのきらきら
 
放射線のことについて学び、放射線の実験をしたり自転車をこいで電気を作りました上に曲がる右矢印(赤)上に曲がる右矢印(赤)
「おー!すごいきらきら」「なんでこうなるのだろう驚いた顔」などと子どもたちは放射線のことを知ることができ
貴重な体験をできることができました音符
 
日本原燃労働組合さん、東北電力労働組合さん、日本原燃サイクル情報センターさん
本日はお忙しい中、子どもたちのために来てくださり本当にありがとうございました3つのびっくりマーク(吹き出し)  (潤)
 

米軍さんからプレゼントをいただきました!!

2020-01-19
米軍さんの方からプレゼントを持って来てくださりました色とりどりのきらきらクラッカー
 
子どもたちのためにアメリカからわざわざプレゼントを取り寄せてもらい本当にありがとうございます上に曲がる右矢印(赤)メガネをした得意げな顔
子どもたちは「やったー3つのびっくりマーク(吹き出し)」「これ欲しかった物だ上に曲がる右矢印(赤)」と大喜びしていました太陽
 
また、Tシャツもプレゼントしてくださるとのことだったのでとても楽しみにしています目がハートになっている顔
 
忙しい中子どもたちのためにプレゼントを持って来てくださりありがとうございました赤いびっくりマーク  (潤)
 
 

子供たちへの贈り物

2020-01-18
本日、お菓子のみやきんの社長ショートケーキさんが来園し、子どもたちにお年玉お祝いマークを渡してくださいました。社長さんからのこの贈り物は、長年行われており、本当にありがたいことだと思います目がハートになっている顔きらきら
また、職員から子どもたちへ「もらった自分たちに、できることはなにかな?」と問いかけると、「きもち!」と小学生男児が話しました。子どもなりに出した、短いワードでしたがいろいろな
意味が込められているなぁとしみじみ思いましたびっくりマーク(破裂)また、職員から諭されることなく、子どもたち自身からそういった言葉が出てきたことに成長を感じました口を広げてにっこりした顔
ひとりひとり違ってもよいので、それぞれの”きもち!”を大切にして立派な大人になろうねという話を子どもたちにしていると、みんな真剣に話を聞いていました。
また、社長さんからお年玉を受け取るときも、丁寧にお辞儀をして受け取っていた子も多かったです。
今回の件を通して、美光園は多くの方々、地域の方々に支えられていることを子どもたちが少しでも感じてくれたら、そして感謝の気持ちをもってくれたらと思います色とりどりのきらきら(亨)
社会福祉法人 七戸美光園
〒039-2526
青森県上北郡七戸町上町野82番地1
TEL:0176-62-3078
FAX:0176-62-6452
*当法人および法人内各施設への調査・アンケートなどは、公的機関のものだけを受け付けています。
───────────────
第1種社会福祉事業
第2種社会福祉事業
───────────────
1
1
1
7
5
3
TOPへ戻る